簡易お問い合わせ

会社情報

会社紹介

エムアンドエムサービス

社名の由来

管理・経営を表す「Management」と、維持・保守管理を表す「Maintenance」の、それぞれの 頭文字をとってM&M、更に、おもてなしの意味でのサービスを付加し社名としております。

目指すもの

地域ごとに磨きぬかれた「お宿」を集合した、お宿ねっとの全国展開による新しい宿泊スタイルの形成。

代表挨拶

会社概要

沿革

代表挨拶

代表挨拶

社会変化に柔軟に対応できる企業

私たちが属する宿泊・飲食施設運営事業界ではパラダイムシフトが益々加速しており、近年では国内外の様々な企業の参入がある一方で、急激な社会変化に対応できずに厳しい経営状態に陥る運営事業者が多くあります。

このような厳しい環境を生き抜くためには、普遍的な価値を商品の軸に据えつつも、新しい価値を創造する「社会変化に柔軟に対応できる企業」であり続けなければなりません。

宿泊・飲食施設運営事業における普遍的な価値

「相手の立場を慮り、まごころを込めた接遇で、心に残る静かな感動を共有すること」に尽きると私たちは考えます。

これは私たちの業界に限った特別な話ではなく、古今東西の全ての人々が毎日の仕事や生活の中の「ささやかな幸せ」と称するもので、宿泊・飲食施設でのこのささやかな幸せの共有がお客様やクライアントの信頼に繋がるものと私たちは信じています。

2014年度に於いては石川県知事、総合旅行サイト事業各社様より当社運営受託施設を顕彰頂き、これまでの取り組みを
ご評価頂いたものと、この場をお借りし関係各位に心より感謝申し上げ
ます。

第5次中長期経営計画

そのような思いで、私たちは社会変化に柔軟に対応するべく、2015年4月より第5次中長期経営計画をスタートさせました。

新たな経営理念を制定し、コミュニケーションのプロである従業員の行動指針を刷新することで、私たちのコアコンピタンスである「料理」「サービス」「施設メンテナンス」の品質向上を図ります。企業の社会的責任がますます重要視される中、従業員の意識向上や情報セキュリティー体制・コンプライアンス・内部統制などを更に強化し、観光振興による地域貢献、シニアシフトの推進を通じた社会貢献活動に積極的に取り組んで参ります。

第5次中長期経営計画の目標達成に向け、三井松島産業グループ各社と共にスピード感を持って各施策を推進致します。

今後とも、皆様のご支援とご愛顧をお願い申し上げます。

株式会社エムアンドエムサービス
代表取締役社長 小池 悟

会社概要

社名株式会社エムアンドエムサービス
設立1997年9月1日
本社・大阪事務所大阪市中央区北浜2丁目6番26号 大阪グリーンビル
TEL06-6222-1051
FAX06-6222-1144
東京事務所東京都品川区北品川1-2-7 アドバンス上地5階
TEL03-5796-2270
FAX03-5796-2271
代表者名代表取締役社長 小池 悟
株主三井松島産業株式会社 100%
事業概要
  1. ホテル・旅館業、及びレストラン・飲食店業
  2. 保養所、迎賓館、研修所の運営受託事業
  3. 上記施設の増改築に関するコンサルタント業
  4. 受託施設への家具、什器、備品、消耗備品の販売業
  5. 受託施設への食材販売業
運営実績総数160施設(2016年9月現在)
取扱数一般営業施設 20施設  業務受託施設 33施設(2016年9月現在)

 

アクセスマップ

沿革

1976長野県・車山高原スキー場を経営する信州綜合開発観光株式会社の一事業部門として、リゾートの宿泊施設開発事業を
スタート。
全国にペンション形式の小規模宿泊施設。181棟あまりの開発実績を築く。
1988企画段階から、設計・施工、運営受託まで手がけたリゾートハウスの第一号をオープン。
保養施設の運営受託事業をスタート。
1997信州綜合開発観光(株)M&M事業部が9月1日をもって、(株)エムアンドエムサービスとして分離独立。
関係するすべての事業
資産を継承するとともに、新たな飛躍を期して新体制を整備。
この年、保養施設の運営受託は48件となる。
1998保養施設の運営受託件数は、この年50件を超え、32社55施設の実績を築いた。
1999「M&Mネットワーク」や「M&Mグルメネットワーク」「楽膳」「楽催」などの保養所の利用を促進する
新たな取り組みを導入。
2000企業福利厚生全般を商品化し取り扱う、JTBベネフィットと双方の業務強化を目的に業務提携を行う。
保養施設の運営受託件数は
65施設の実績を築いた。
2001飲食店、都市型ホテルなどの一般利用者を対象にした施設運営が加わり、運営件数は43社73施設。
2002ホテルレストラン部、教育部を開設。時代の変化に対応した、組織の見直しと人財開発に更なる力点を置く。
2003雇用能力開発機構より「京都・烟河(亀岡ハイツ)」を取得、継続運営。環境マネジメントシステム規格ISO14002を
認証取得し、
環境へ配慮した企業の位置付けを明確にする。
2004従来の保養所共同利用(M&Mネットワーク)システムをインターネットを活用した「お宿ねっと」へ展開。
集客部門を強化し、
一般営業施設の拡大に備える。
2005雇用能力開発機構より「八ヶ岳ホテル風か(八ヶ岳ハイツ)」を取得、運営。
兵庫県より旧年金資金運用基金の「グリーンピア三木」の運営を受託。
2006受託事業から営利型(ホテル・旅館業)へのシフトに伴う経営基盤の整備。
2007三重県・紀南中核的交流施設整備事業の事業者として決定。(開業2009年8月)
2008第4次中期経営計画に基づく組織体へ移行し経営資源の再評価と内部改革に着手。
2009三重県・紀南中核的交流施設整備事業の事業者として熊野倶楽部開業。
2012三井松島産業株式会社の全額出資子会社となる。
2012「お宿ねっと」登録会員数10万人突破。
2014「お宿ねっと」登録会員数12万人突破。
2015第5次中長期経営計画を策定。

一般事業主行動計画

社員がその能力を発揮し、仕事と生活の調和を図り働きやすい雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間 平成27年11月1日~平成33年3月31日までの5年4ヶ月間
  2. 内容

目標1:年次有給休暇の取得を促進します。

対策
  • 平成27年11月~ 年次有給休暇の取得状況について実態を把握
  • 平成28年3月~  社内検討会での検討開始
  • 平成28年10月~ 計画的な取得に向けた管理職研修の実施
  • 平成29年4月~  有給休暇取得促進の実施
  • 平成30年4月~  前年度の取得状況調査の検証および改善案の検討

目標2:地域の若者のインターンシップの受け入れを行います。

対策
  • 平成29年4月~  受け入れ体制について検討開始
  • 平成30年4月~  受け入れを行う施設への説明及び受け入れ体制の確立
  • 平成30年9月~  関係機関、学校等との連携
  • 平成31年4月~  社内通知により取組を社員に周知、関係機関などにより取組を周知
  • 平成32年4月~  インターンシップの受け入れを開始

一般事業主行動計画 女性活躍推進法

女性が管理職として活動できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 

平成28年4月1日~平成33年3月31日

2.当社の課題

課題1 女性の正社員の数が少ない

課題2 管理職を目指す女性が少ない。

3.目標

管理職(支配人以上)の女性を現員の2人から5人以上に増加させる。

4.取り組み内容と実施時期

平成28年4月~ 支配人教育を実施する。

平成29年4月~ 支配人(女将)の応募を増やすため、働きやすい環境を作る。

ページ上部へ